ちょっと用があって以前管理していたWordPressのサイトをローカル環境(MAMP)に復元したので、今後のためにその手順をまとめておきます。ちなみにWordPressのバックアップにはBackWPupというプラグインを使っていました。

まずはWordPressをインストール

  1. 公式サイトから最新のWordPressをダウンロードする。
  2. ダウンロードしたzipファイルを展開してインストールしたローカルのディレクトリにWordPressのファイル一式を配置する。
  3. MAMPを起動。スタート画面のリンクからphpMyAdminを開く。
  4. 「データベース」タブをクリックして「データベースを作成する」の欄に「wordpress」など適当な入力して名前を「作成」ボタンをクリック。データベースを作成する。
  5. ブラウザでlocalhostにアクセスするとwordpressのインストール画面が開くので、インストールを進める。その際、データベース名には先ほど作成したデータベースの名称(ここでは「wordpress」)を入力する。ユーザー名とパスワードはMAMPのデフォルトのrootでおk。
  6. その他もろもろ入力してWordPressのインストールまで完了させる。

バックアップから復元

  1. BackWPupで取得したzip形式のバックアップファイルを解凍する。
  2. 解凍してできたフォルダの中身一式のうち、manifest.jsonと拡張子が.sqlのファイルを除いた全てのファイルをローカルのWordPressに上書き保存する。
  3. 独自ドメインで公開していたサイトをローカルで表示させる場合は、上記の.sqlファイルに一手間加える必要があります。.sqlファイルをAtomなどのエディタで開き、「diwao.com」などの公開時のドメインを一括で「localhost」へと置換しておきましょう。
  4. MAMPのphpMyAdminを開き、今回作成したデータベースを選択した状態でインポートタブをクリック。アップロードファイルの選択ボタンをクリックして、先ほど除外したバックアップファイルの中にある.sqlのファイルを選択。その他はいじらず画面下の「実行」ボタンをクリック。
  5. インポート完了まで少し時間がかかるので待ちます。
  6. 最後にwp-config.phpを編集してMAMPのデータベースに接続できるようにします。変更するのは「DB_NAME」、「DB_USER」、「DB_PASSWORD」、「DB_HOST」です。それぞれ今回のWordPressインストール時の値に変更してあげましょう。
  7. ここまで完了したらブラウザでlocalhostにアクセスしてサイトを確認してみましょう。ちゃんとサイトが表示されるはずです。画像やcssなどがリンク切れになっている場合は(3)の置換あたりで間違っているやもしれません。