diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

iPhoneで撮った動画をMacに送る時はイメージキャプチャを使うと便利

iPhoneで撮影した動画をMacのiMovieで編集しよう!と思ってチャレンジしたところ、iPhoneからMacに動画を送る過程で少しつまづいたので、解決方法をメモっておきます。

そのままのデータを送りたい

iPhoneから動画を送る方法はまぁ色々あります。簡単なところでいえば、メールで添付なんてこともできるわけです。でも動画はファイルサイズが大きいのでそのままの状態では送れないんですよね。圧縮されて画質が落ちたものになってしまいます。今回は撮ったままの状態(100MBくらいある・・・)を送りたかったのでこの方法は却下。

iTunesはNGやった・・・

次に考えたのがiTunesを使うというものでした。iTunesでアプリのデータを出し入れできるんだから、動画を取り出すくらいもちろんいけるでしょ、という考え。でもこれがダメだったんですよね。iPhotoと同期させてないからなのかな?原因は定かではありませんが、わたしのiPhoneでは写真も動画もカメラロールのものはiTunesからは取り出すことはできませんでした……。

イメージキャプチャを使おう!

思惑が外れ、どうしようかと途方に暮れるわたしを助けてくれたのはGoogle先生でした。先生曰く、Macにデフォルトでインストールされている「イメージキャプチャ」というアプリを使えば良いそうです。そういえばそんなアプリあったなぁ。

わたしの環境ではLaunchpadの「その他」の中に入っていました。特にフォルダ移動したりしてないので多分みなさんもここにあるんじゃないかと。

image_capture005

iPhoneを接続した状態でイメージキャプチャを起動すると以下のように、カメラロール内の写真や動画がズラッと表示されます。

image_capture001

この一覧からMacに保存したいものを選択し、「読み込む」をクリックすればMacに動画を保存することができます。

image_capture002

標準アプリあなどれん

Macの標準アプリは普段あまり使わないのですが、使ってみるとやっぱり便利なものですね。いやはや勉強になりました。サムネイル表示が見やすいので、動画だけじゃなくて写真の転送にも便利だと思います。良かったら試してみてくださいね。

参考:iPhone 4で撮影したHD動画をそのままMacに転送する(取り込む)方法 - F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

広告