diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

手の平サイズなのに超パワフル!手軽に良い感じのボケ写真が撮れるコンデジ「SONY DSC-RX100」

前まで使っていたデジタル一眼が使い物にならなくなってしまったので、新しいカメラを買いました!入念にリサーチした末、今回はデジイチじゃなくてコンデジを選択。SONYのDSC-RX100という機種です。新しいカメラはテンション上がりますね!というわけで、アゲ気味でご紹介。

小さいのにかっこいい

こちらがDSC-RX100の箱です。メモリカードと液晶保護シートも同時にお買い上げ。

sony_rx100_001

取説、充電用のケーブル、アダプタ、バッテリー、本体、ストラップが同梱されていました。

sony_rx100_005

こいつが本体!すごく小さいのに高級感があってカッコいい!

sony_rx100_023

iPhoneと比べるとサイズ感がよく分かると思います。

sony_rx100_019

横から見るとこんな感じ。薄い!

sony_rx100_024

iPhoneとの薄さ比較はこんな感じ。

sony_rx100_021

すごく小さいのでバッグの中に常時入れておけますね。撮りたい時にいつもカメラがある環境プライスレス。

ちなみに、撮影中はこんな感じにレンズがせり出します。ググッとね。

sony_rx100_025

個人的なお気に入りポイント

適当に撮っても良い感じにボケる

わたしがカメラに求めるのはそこまで多くはありません。強いていえば、適当に撮っただけで「良い感じの写真」になるカメラがほしい。そんな感じです。何をもって「良い感じの写真」なのかってのは難しいところなのですが、個人的には「ボケ」がひとつ大事な要素になると思っています。キレイにボケた写真が好きなんです。

しかし、どれくらいボケるかなんてネットでスペックとか調べてもわからないんですよね。なら実際に店頭で確認してみよう、ってことで色々なカメラの試し撮りをしてみた結果、一番自分好みにボケてくれるのがこのカメラだったというわけ。

sony_rx100_017

ほんとにテキトーに撮っただけでもこのボケっぷり。良い感じ。

暗くても良く撮れる

前のカメラは比較的明るい電灯がついていても、室内だとブレブレの写真しか撮れなくてやきもきすることが多かったのですが、このDSC-RX100ならかなり暗いところでも軽快に撮影することができます。

sony_rx100_018

これなら、お店の中で料理の写真を撮ったりする時でもスムーズに、かつ美しい写真が撮ることができそう。写真を撮りたい、と思ったときにいつでも十分な明かりがあるわけじゃありませんからね。環境の影響をあまり受けずに撮影できるのは大きなメリットだと思います。

フォーカスが速い

DSC-RX100シャッターボタンを押してから撮影可能な状態になるまでがめっちゃ速い。

sony_rx100_016

以前のカメラは「ウイーン、ウイーン」とピント合わせにすっごい時間がかかっていたのですが、このカメラは「ピピッ」と音が鳴った直後にはもうピント合わせが完了しています。これだけ速ければシャッターチャンスを逃すことなく、狙った瞬間をバッチリ抑えることができますね。

モバイルバッテリーで充電できる

DSC-RX100は、付属のUSBケーブルを使ってモバイルバッテリーから充電することができます。

sony_rx100_027

わたしはいつもiPhone用に「cheero Power Plus2」という大容量バッテリーを持ち歩いているので、必要なときはこれを使えばいいというわけですね。これでバッテリーの残量を気にすることなく思う存分カメラが使える。こりゃ便利。

良い買い物でした!

まだ少し触った程度ですが、写りや使い勝手に関しては大満足です♪適当にシャッター切るだけでも良い感じになるので、カメラ詳しくないけど良い写真撮りたいって人にオススメ!ちなみに動画も撮れます。

細かい使い方とかは追い追い覚えていくとして、まずは色々なシチュエーションで写真撮ってみたいですね。とりあえず今週末に参加するDpub(大きなオフ会)でいっぱい写真撮ってこようと思います。どんな写真が撮れるのか今から楽しみ!

広告