diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

MacBook Airが快適すぎ!ケースはAIRTEGOにしました

わたくし新しい職場ではMacBook Air 11インチを使っております!フルスペックのやつを用意していただいて超快適!自分で使うようになってみなさんが「Airさいこー」って言ってる意味が身にしみてわかりました。そんなすばらしいAirを守るため、AIRTEGOというケースを買ったのでご紹介したいと思います。

AIRTEGOとは

MacBook Airにジャストサイズの高級感あふれるケース。11インチ用と13インチ用があります。

ぱっと見だとワニ革っぽい感じなのですが、実はこれ紙製のケースなんです。

以前、LIBRO2というiPad2用のケースを紹介したことがあるのですが、そこと同じメーカーさんの商品なんです。ここのデザインは個人的にかなりツボなんですよね(๑>◡<๑) どんなケースにしようかかなり悩んだのですが、以前に@goryugoさんのレビューを見て気になっていたし、ここの商品なら間違いないだろうと思って決めました!

ちなみに、ケース選びの際には以下の記事を参考にさせていただきました。感謝!

限定カラーのクロコダイル・レッドをゲット!

AIRTEGOにはいくつかカラーバリエーションがあるのですが、わたしが買ったのは限定10個のクロコダイル・レッドというやつです。

正直、たまたまサイトを見たときにこの限定カラーを見たことも購入の大きな決め手になりました。限定って言葉に弱くてw

その限定カラーがこちら!どちらかというとくすんだ赤という感じ。主張しすぎてなくていい感じです。

airtego01

裏側。茶色に近い赤?良い表現が思い浮かばないですが、すごく深みのある色です。

airtego02

Airを入れるところ。やっぱりケースも薄いですね。

airtego03

入り口の真ん中がちょっとえぐれているのは、Airを取り出すときにつかみやすいようにという配慮でしょうね。

airtego04

Airを入れるときはこんな感じ。

airtego05

すっぽりと収まりました。

airtego06

実はサイドの一部はがんな風に欠けた形になっています。

airtego08

これは、ケースに入れたまま充電できるようにと、あえてこうなっているそうなんですよ。気の利いた設計ですよね。

ちょっとだけキツい

デザインも機能性もすごく素敵なのですが、ひとつだけ残念なポイントがありました。それは、ジャストサイズすぎてちょっとキツいというところ。

ピッタリサイズのせいか、出し入れするときにケースをちょっと押し広げるような感じになってしまうんですよね。

そのため、Airを入れると下の写真みたいに真ん中が少しこんもりした感じになっちゃうんです。

airtego09

Airが入って真っ平らになってくれることを期待していたので、ここだけがちょっと想像と違うところでした。ここ以外は非常に満足しております!

まとめ

ということでAIRTEGOのご紹介でした。紙とはいっても作りはしっかりしてます。基本の素材はLIBRO2と一緒っぽいので耐久性についても問題ないはず。

デザインもオサレなのでビジネスシーンでも違和感なく使えそうです。これでこんもりしなければ最高だったんだけどなぁ。それではまた!

広告