個人的にTodoリストに求める条件を兼ね備えたアプリを見つけたのでご紹介。その名も「Wunder list」。シンプルながら軽快な動作で使い勝手の優れた素晴らしいサービスですよ。MacやWindows、iPhoneとデバイスを問わず使えるのが嬉しい。

Wunder listとは

いわゆるTodo管理アプリです。複数のリストを作ることができ、さらにリストごとにTodo(タスク)を登録・管理することができます。最大の特徴はMac、Windows、iPhone、iPadそれぞれに専用のアプリケーションが用意されていて、ネットワークを介して相互にデータの同期が可能であるというところ!これが本当に便利。

iPhoneアプリの画面。PC版と全く同じことができます。とてもシンプルなUIなのですが、それゆえに操作が簡単で使い勝手は抜群。 wunderlist iphone

タスクの登録がこれでもかというくらい簡単

タスクの登録は究極的にシンプルになっています。テキストボックスにタスクの内容を打ち込むだけ。エンターキーを押すと同時に登録が完了します。また、登録したタスクには期限や備考的なメモを登録することも可能。

wunderlist期限を設定

wunderlist メモの登録

今日のTodoだけを瞬時に見れる

Todoのひとつひとつに日付が設定できるのはもちろん、今日というタブをクリックすれば、カテゴリを横断して今日に期限が設定されているTodoを一覧することができます。

wunderlist 今日のタスク

これによってタスクのやり忘れや確認漏れを防ぐことができるわけです。同様に、明日が期限のタスク、期限切れのタスクなども一覧表示することが可能となっています。

データの同期

最大の特徴であり最高のメリット。私の場合、「あ、あれやらなきゃ」ってふとしたときに浮かんでくることが多いのですが、「まあ帰ってからやろう」とか思ってるとほぼ確実に帰ったときには忘れてます・・・。なので、思いついたときにすぐに登録できて、PCでも同じものを確認できるってのは必須なわけです。

また、PCで入力した内容がiPhoneで見れるってのも大事。例えば「買い物リスト」を作っているのですが、外出中にこのリストを確認するようになったおかげで「じゃがいも買ってくるの忘れたー」とかすっかりなくなりました。

並び替えができる

仕事というのは「何をやるか」も大事だけど、順番によっても大きく結果が変わってくる。ごちゃっとしたタスクの中からその都度何から手をつけるか考えていたら効率が悪いと思うんですよね。

wunderlistならタスクの順番をドラッグ&ドロップで変更できるので、あらかじめ効率的な段取りを組んでおくことができます。そのため、タスクが多くなってきても次に何をやるか迷うことなくスムーズに片付けられるというわけです。

wunderlist タスクの並び替え

まとめ

色々と多機能なTodoリストもありますが、個人的にはこれくらいシンプルな方がとっつきやすくて良いと思いました。日本語対応、無料、デバイス問わず同期可能と三拍子揃ったWunderlist!ぜひ一度使ってみてほしいオススメのサービスです。