diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

ぼくにとってのブログ #blogadvent

Twin tale

Blog Advent Calendarの7日目ということで書きまっす!一応ブログに関することがお題なので、今回は「ぼくにとってのブログ」みたいなことを徒然なるままに書いてみようかなと思います!

伝えたいから書く

ぼくにとってのブログとは、一言でいえば「伝えるためのツール」ということになるんだと思います。ブログをはじめた理由はまぁ色々ありますが、ほんと最初に「ブログ書きたい!」って気持ちが芽生えたきっかけはiPhoneでした。

はじめて触ったiPhoneは3Gだったんですけど、ヌルヌル動く、Webページがそのまま見れる、Gmail使える、Twitterめっちゃ快適、マップ超絶便利などなど、とにかく感動と衝撃の連続だったんですよね。しかも、AppStoreからアプリを落とせばもっと自分好みに使えるし、その可能性は当時のぼくにとってはもう無限大にも感じられたわけです。

一気にどハマりしてもう手当たり次第に色んなアプリを試しまくり、ネットで色々情報とか調べるようになって、そこからAppBankとかも見るようになったですよね確か。

で、こんだけ好きになった人間が次にやることって周りの人にその良さを伝えることなんですよ。ぼくの場合はまず会社の同僚にとにかくiPhoneの素晴らしさを力説して回ったんですけど、それまだ言い足りなかったので、より多くの人に「iPhoneマジで良いよ!」って言うためにブログに手を出したって感じ。つまり「iPhoneの良さを伝える」ためのブログだったわけです。

そこからスタートして色々やってきて、まぁ心境とか狙いの変化とか色々あるんですけど、ブログが「伝えるためのツール」だって考えはやっぱり変わりません。「伝えたい」ってところはぼくにとってブログを書く動機そのもの。自分が良いと思ったこと、好きなもの、役に立つと思ったことを伝えたい。だからブログを書く。そんな感じです。

逆に言えば、伝えたいと思えなければぼくはブログ書けないす。例えば、買ってみたけど、これはダメだな……って思った商品とかはまったく「伝えたい」と思えない。「ダメだ」って感想を伝えることにも価値があるって考えもあるとは思いますが、ぼくはそこにまったく魅力を感じられないんですよね。やりたくないことをあえてやるほどMでもないので、そういうのは最初っから手を出さないことにしてますねん。

少し話しが脱線した感はありますが、要するに、「伝えたい」と思えることがある限り、ぼくはずっとブログを書き続けると思いますってことが言いたかったんです。最近ちょっとバタバタしてて頻度が下がってるけど決して辞めたわけじゃないんだよってw

ここ最近更新できてない間にも、書きたい事はいっぱい溜まっているんですけど、考えてみればこれって幸せなことですよね。誰かに伝えたいと思えるほど素敵な経験がそんなにたくさん自分に訪れてるって、すごく恵まれてるよなぁ。

願わくば、これから先もずっとこんな感じにやっていきたいものです。以上、Blog Advent Calendar7日目のDiwaoでした。それではまた。

広告