diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

MacのiMessageはかなり使える子!だからオススメのポイントを3つ紹介します

MacのiMessage使ってますか?わたしは今までさっぱり使ってなかったのですが、ここ最近になって毎日起動するようになりました。あまり知られていないかもしれませんが、使ってみると実は結構便利なやつなんですよこの子。

今日はこのiMessageの良さをみなさんにも知っていただきたいと思い、わたしなりのオススメポイントを3つほど紹介したい思います。

iMessageとは

Macの新OS、Mountain Lionから標準搭載されたメッセージ機能です。iOSのメッセージアプリがそのままMacで使えるというイメージで問題ないかと。

imessage02

(※画像はApple公式サイトより)

この吹き出しな感じの見た目もiPhoneユーザーならお馴染みですよね♪動作も軽いのでサクサク使うことができます。というわけで早速オススメポイントを書いていきますね。

1、iPhoneのSMS電話番号宛のメッセージが送受信できる

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスとMacの両方で設定を行えば、モバイル端末とPCで同じメッセージを扱うことができるようになります。

つまり、iPhoneで受信したメッセージにMacから返事するなんてことができるということですね♪当然PCでタイピングした方が速いので、PCが使えるのであればこのiMessageを利用した方が便利なわけです。

設定方法はこちら↓


※追記と訂正
コメントで以下のご指摘をいただきました。

iMessageでSMSは受信出来ない。あくまでもiMessageでやりとりされてるメッセージのみMacとiOSデバイス間で共有される。メッセージアプリからだと分かりにくいけど。

受信できるのはiMessage(電話番号宛のメッセージ含む)だけでSMSは対応していないそうです。iPhone同士のみでやりとりをしていたのでSMSが受信できると誤解してしまいました。申し訳ありません。

2、Facebookメッセージも送受信できる

実はiMessageではFacebookメッセージも利用することができます。

設定方法は以下の記事を参照。

iMessageを起動している時に送受信したメッセージしか拾わないけど、それでもわざわざブラウザでFacebookを開かなくていいのは便利。こっちの方がより見やすいしチャットっぽさも出ますしね。

3、同じネットワークにいる人とやりとりできる

Bonjourをオンにすれば、特別な設定なしで同じネットワークに接続している人とやりとりができるようになります。社内でちょっとした連絡をとりたい時なんかに使うと便利。グループメッセージができれば最高だったのですが、どうやら一対一でしか使えないようです。残念。

ちなみに、Bonjourの設定はメッセージの環境設定から行います。

imessage03

おわりに

特にオススメなのはFacebookメッセージをiMessageで利用するというもの。最近は仕事も含めてFacebookがやりとりの中心になりつつあるので、非常に重宝してます♪

あとはTwitterのDMとLINEも使えれば完璧なんですけどねー。それは無理なのかな・・・。もし何か良い方法知っている方がいれば教えてください。

広告