diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

第2回アシタノワークショップ盛況でした!講演初体験の感想など

以前、このブログでも告知をしていた第2回アシタノワークショップが9月2日(日)に開催されました。今回はわたしも人生初の講演というものをやらせていただきました。少し時間が空いてしまいましたが、自分なりにイベントを振り返ってみようと思います。

アシタノークショップとは

「明日を楽しく」をモットーに、日々の仕事やプライベートを楽しくするためのちょっとした工夫やコツ、考え方を紹介するブログメディア「アシタノレシピ」が主催するイベントです。第二回となる今回のテーマは「好きから見つける自分スタイル」。自分の中にある「好き」という気持ちから夢を見つけてみましょう、という趣旨のイベントでした。

お話したこと

わたしからは「百考は一行にしかず」というお話をさせていただきました。簡単に言うと、夢っていうのは意図的に探すものではなく、好きなことややりたい事に打ち込んだ結果見えてくるものなのではないか、という内容です。

詳細については割愛します。もし興味のある方がいれば以下のレポートをご覧ください。

講演をするにあたって

今回は夢という壮大かつ抽象的かつデリケートな話題なので、内容にはすごく悩みました。ましてや、人前で30分近くもお話をさせていただくというのは、わたしにとって今回が初めての経験。

当然、不安や緊張でいっぱいだったわけですが、やるからにはしっかりやりたい。というわけで、こんなところ↓を意識しながら講演に臨みました。

1、自分に置き換えて考えてもらえる話にしたい

今回は「夢の見つけ方」がテーマなので、参加する方は当然自分の夢について何らかのヒントが得られることを期待してイベントにやってくるはず。その期待にできる限り応えたい。

だから、話の内容はもちろん、構成や言葉の選び方など細部にいたるまで、どうすればよりわかりやすく、誤解なく伝えることができるかを徹底的に考えた。そして、話を聞いて終わりにならないよう、なるべく汎用性のある話にするように心がけた。

「Diwaoの場合はこうだけど、自分だったらこうかも」といったように話を聞きながら考え、自分なりのヒントを見つけてもらえるような、そんな話ができたらいいなと。

2、次につなげたい

第1回アシタノワークショップがとても好評だったので、その評判を今回自分のせいで台無しにしてしまうことだけは避けたい。

アシタノワークショップは毎回講演者が変わる持ち回りスタイルでやっている。今回自分のところに最高の形で回ってきたバトンをちゃんと次の人に送り届けたい。そのためにも頑張らなくては、という思いがあった。相当気負ってましたw

3、言い訳はしない

わたしにとっては今回が初めての講演。当然不安や緊張はあったけど、極力表には出さないよう意識した。だって、参加する側からしたらそんなこと知ったこっちゃないですもんね。ライブハウスに行って、出てきたバンドが「すいませーん、練習あんまりできてなくて失敗するかもですがよろしく」とか言ってたら「えっ?」ってなりますよね。「じゃあなんでライブやるの?」って。

参加日をもらって話を聞きにきてもらっている限りは、心の底ではどんなに不安に思っていようが、そういう舞台裏の事情って表に出しちゃダメだと思う。じゃないと相手に失礼だから。

とはいえ、緊張や不安はなくせるものでもない。隠しても伝わってしまうかもしれない。けど、だからこそせめて自分から「初めてなので多めに見てください」とか、そういう言い訳だけはするもんかと思ってた。

その分、仲間に対しては弱音吐きまくりでしたがw

なんか似てるかも

今回改めて思ったのは、アシタノレシピのメンバーは根っこの部分で割と似たような想いを持っているのかなということ。決して「同じ」ではないけど「似てる」。

今回も事前に示し合わせたわけでもなんでもないのに、打ち合わせの時点から「夢ってこういうものなんじゃない?」って方向性は漠然と一致していたし、わたしの話も一緒に講演をした@bamka_tさんの話も結局伝えたいメッセージは一緒だった。そして、@sawonyaさんのワークはそのメッセージを実践してみようという内容だった。

だからこそ、こうしてまとまりのあるイベントにすることができたんじゃないかな。自分がこのメンバーと一緒に活動をしているのも、そういうところでなんとなく波長が合うからなのかなーとそんなことを思ったのでした。

良い経験になった

色々と反省すべきところはありましたが、アンケートや参加者の方々のレポートを見る限り、結果的には第2回アシタノワークショップは良い結果を残すことが出来たと思っています。

個人的にも非常に貴重な経験をさせていただきました。この25分間のために約1ヶ月半という多大な時間と労力をかけてきましたが、それに見合うだけのものが得られたと思っています。やはり何事も挑戦してみるもんですね。おかげでまたひとつ視界が開けたような気がします。

おわりに

今回わたしが話したことは、じつはこれから就活を迎える学生にこそ伝えたいことだったりするんですよね。自分が学生の時に知っておきたかったなーと思うので。落ち着いたら電子書籍にでもまとめてみようかなとも思ったり。iBook Author使ってみるか。

さて、次回のアシタノワークショップは11月初旬に開催予定です。お知らせできる段階になったらこのブログでも告知しますので、よかったらぜひ参加してみてくださいね。

そして今週末の9月16日(日)は「つながるカンファレンス in 仙台」を開催します。まだ残席あるので興味のある方はぜひお気軽にご参加ください。

広告