diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

かわいい動物と一緒におさんぽに出かけよう!歩いて発見!おさんぽタウン

最近はまっているiPhoneゲームをご紹介。その名も「歩いて発見!おさんぽタウン」です。リアルにおさんぽをすることでポイントを貯め、イベントを進めていくロケーションベースのゲームアプリとなっています。かわいいイラストがいっぱいで癒やされますよ。

(※2016/10/23 現在は配信されていないようです)

歩いて発見!おさんぽタウンとは

iPhoneを片手におさんぽをすることでポイントを貯め、イベントを進めていくロケーションベースのゲームです。

舞台は北海道。ご当地アイテムを入手したり、かわいい動物を仲間にしたりしながら実在する観光名所などをまわることができます。

osanpotown001osanpotown002

ローカルテイスト満載で素敵ですよね!わたしも地元大好きなのでこういうのは全力で応援したい性分です。

ゲームを進めるために必要なポイントは、おさんぽをした距離が長ければ長いほど多くもらえます(ただし上限あり)。つまり、さんぽすればするほどゲームがはかどるってことですね。なんて健康的なゲームなんだ(๑>◡<๑) あ、ちなみに散歩するのは北海道じゃなくて、どこでも大丈夫ですよ。わたしは宮城県で遊んでます。

遊び方

ゲームは基本的にパートナー的な動物と一緒に進めていきます。あとで仲間を増やすことができますが、最初の動物は人によって違うようです。わたしはキタキツネでした♪

以下、基本的なゲームの流れを紹介します。

まずはリアルにおさんぽ(移動)をします。散歩が終わったら「歩く」ボタンをタップ。すると、移動距離に応じてポイントがたまります(上限100)。

osanpotown004

お次は、「探索」ボタンをタップ。探索先が複数表示されているので、その中から行きたい場所を選択。

osanpotown005

詳しい説明を読んで、OKなら「GO!!」をタップして決定。

osanpotown006

ポイント使って動物が探索を行います。なお、探索を行うとポイントは必ず0になります。

osanpotown007

探索が終わると、便利なアイテムが手に入れたり、新たな動物を仲間にしたりできます。

osanpotown008osanpotown009

こうして、アイテムや仲間を集めながら北海道を探索していきましょう。

キャラクターがかわいい

このゲームのイチ押しポイントはなんといっても愛らしい動物たち。きつね、クマ、エゾリス、などなど出てくる動物がとにかく片っ端から可愛すぎるのです!!

osanpotown010osanpotown011

この素晴らしいキャラクターデザインを手がけたのは、わたしも大好きなイラストレーターさんである瞳ちご(@RayneDog)さん!

どのキャラクターも本当に魅力的なのですが、中でもアプリアイコンにもなっているクマさんが特にお気に入りです。絶対仲間にするぞ!

ソーシャル的な楽しみ方も

ゲーム内でフレンド登録を行えば、友達と協力してゲームを進めることも可能です。友達とメッセージを交わすことで、ちょっぴりですがおさんぽせずにポイントを回復させることができます。

osanpotown012osanpotown013

ちなみに、わたしのフレンドコードは「c28db578」です。これからはじめる方、すでにプレイしているという方、もしよければぜひ友達になってください。

攻略情報

遊んでいる中で気づいたちょっとした攻略情報のようなものをご紹介。

効率の良いポイントの稼ぎ方

移動距離が多いほどポイントがたくさん溜まりますが、その上限は100と決まっています。

上限を超えて移動した分は無駄になってしまうので、なるべく小まめに「歩く」をタップし、100になったらすぐに探索を行いましょう。するとポイントがゼロになり、再びポイントを溜めることができます。

こうすれば効率良くポイントを稼ぐことができるというわけです。

ポイントが高いほど探索が成功しやすい(?)

探索は、ポイントが100になっていない場合でも行うことができます。しかし、ポイントが少ない状態で探索を行った場合、アイテムの入手や仲間を発見する確率が100の時と比べて低くなるようです。基本的には、探索はポイントが100たまった状態で行った方がいいでしょう。

おわりに

おさんぽしないと進まないのでゲームの進行はゆるやか。でもそのゆったり感が逆に心地良かったりもします。毎日少しづつコツコツ進んでいく感じが楽しいんですよ。

このアプリの正式名称は「歩いて発見!おさんぽタウン〜北海道版」。ってことは、これから他の地方のバージョンも出たりするのでしょうか?宮城版出てほしいなぁ。

こういう地方にフォーカスしたアプリは大好きなので、ぜひ色々な地域で展開していってほしいですね。

広告