diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

著者の愛を感じた♪ tumblr入門にぴったりな「tumblrハンドブック」

先日こんな記事がアップされたこともあり、近頃何かと話題のtumblrですが、そんなtumblrの入門書ともいえる書籍が発売となりました。tumblr関連の本は今まで全然なかったので、個人的には待ち望んだ一冊という感じです!ありがたや。

@sta7kaさんの処女作

実はこのtumblrハンドブックはアシタノレシピの仲間でもあるタナカンプさんの処女作なのです。

自他ともに認めるtumblr好きで、自分のブログでtumblrについて連載を書いたり、tumblrの魅力を語る会を開くなど、とにかくtumblrを愛してやまないカンプさんの本となれば期待も高まるというもの!

ちなみにこちらの書籍は出版社様のご厚意により献本いただきました!ありがとうございます!

tumblrとは

そもそもtumblrってなんなのでしょうか?Wikipediaの説明にはこんなことが書いてあります。

tumblr(タンブラー)は、メディアミックスブログサービス。ブログとミニブログ、そしてソーシャルブックマークを統合したマイクロブログサービスである。アメリカのDavidville.inc(現: Tumblr, Inc.)により2007年3月1日にサービスが開始された。

2011年3月から日本語ベータ版の提供が開始されている。

via Tumblr - Wikipedia

とりあえず、ブログのようなものみたいです。

私はずいぶん前からtumblrを利用していますが、実はいまだにこれが何なのかよくわかっていなかったりします。とらえどころがないというか、何か不思議な世界なんですよねあそこw

だからこそ、なんとなく手が出しにくいサービスだと思われているのではないかと推測しているのですがどうでしょう?

tumblrハンドブックってどんな本なの?

tumblrhandbook

本書はそんな謎に満ちたtumblrの使い方、楽しみ方をこれでもかというくらい丁寧に解説してくれています。

「tumblrってなんぞ?」というまったくの初心者でも、これさえ読めば立派なtumblista(tumblrを嗜む紳士淑女)になれるはず!

基本は入門的な内容なのですが、ちょっと踏み込んだ使い方やTIPSなども盛り込まれているので、tumblrに慣れ親しんでいる方も有益な情報が得られるかもしれません。メガエディターの使い方とか、わたしも結構知らなかったことがあって勉強になりましたよ。

tumblr愛を感じた

この本は主にtumblrの使い方を解説するものなので、どうしても著者の個性は埋もれがちになってしまいます。

・・・のはずなのに不思議と全体を通じてタナカンプさんの存在を感じました。例えばスクショ一枚とってみても「やっぱりオヤジギャガーだなw」と思わせるちょっとしたネタを仕込んでいたりするわけですよ。

また、書籍の端々から「tumblrっておもしろいんだぜ!みんなもやってみなよ!」っていうカンプさんのtumblr愛がヒシヒシと伝わってきて、楽しく読むことができました。これはカンプさんだからこそ成せる技だと思います(*≧∇≦)ノノ☆

おわりに

ページ数も多くないのでさらっと読めるのですが、得られる情報量は盛りだくさんなのでコスパの高い本だと思います。特にこれから初めてみようかなと思っている方には超オススメ。

広告