diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

細かい作業やるならこれ!手元が見えるスタイラス、Jot mini

新しいiPad用にというわけではないのですが、また新しいスタイラスを手に入れたのでご紹介したいと思います。Jotシリーズの新作、Jot miniです。いわゆる一般的なスタイラスと違い、細かい作業にも適した素晴らしい一品ですよ♪

Jotとは

Jotシリーズはペン先に透明なディスクが付いた一風変わったスタイラスです。

通常のスタイラスは先端がぷよぷよした素材で作られています。そのためペン先が太いものが多く、画面とピンポイントで接触している箇所が見えずらいという欠点がありました。

しかし、Jotは従来のスタイラスよりもペン先が細いうえ、透明ディスクを採用したことによって、画面との接触部分をバッチリ確認できるのです。

jot

おかげで、通常のスタイラスよりも小さい字を書いたり、細かい絵を描いたりできるというわけ。

Jot miniはそのJotシリーズの新作。従来のものより少し小さいサイズで携帯性に優れているのが特徴です。

購入のきっかけ

ずっと気にはなってはいたのですが、私はイラストを描くわけでもないし、そこまで細かい文字を書く必要性もなかったので今まではスルーし続けてきました。

しかし、最近になって嫁さんがiPadでイラストを描きたいと言い出したので、買ってあげることにしたのです。

そんな時にちょうどiPad Creatorさんの記事を読んでJot miniをポチリ。そんな感じ^^;

開封の議

というわけで届いたのがこちら。プラスチックのケースに入っていました。パッケージからして高級感がありますな。

jotmini01

裏面。「すごいスタイラスだ!」という趣旨のことが書いてあります。

jotmini02

早速取り出してみました。開け方がわからなかったのでプラスチックのケースを無理矢理破壊するはめに・・・。中に入ってるのはスタイラス本体とキャップ。

jotmini03

キャップを締めるとこんな感じに。デリケートな円盤部分をちゃんと保護することができます。これで安心して持ち運べますね。

jotmini05

また、使用する時はキャップをおしりのところにくっつけておくことができます。こうしておけばキャップを無くす心配もありませんね。

下の写真の切り込みはクリップの役割を果たすそうです。シャツの胸ポケットに入れておく時なんかに活躍する感じ。

jotmini06

miniだけあってちょっと短い気もしますが、特に不便に感じることはありません。これくらいのサイズだとiPhoneでも良い感じに使うことができそうです。

使ってみた

続いて使用感。iPadのお絵かきアプリ何個かで試してみました。

使ってみてまず最初に感じたのが書き味が硬いこと。通常のスタイラスは先端がゴム状なので、ぷよっとした感触になるのですが、Jotの場合は柔らか要素がほぼないので「カツッ」とした感触になります。

普通のスタイラスに慣れた人にはちょっと違和感を感じるかもしれません。しかし、すぐに慣れるので心配ご無用。

適当に色々書いてみました。透明なディスクのおかげで手元がバッチリ見えてます!

jotmini04

通常のスタイラスだと先端がちょっと太いものが多いので、細かい字を書きたいときとか、繊細なイラストを描くのにはちょっと向かないのですが、これなら全然大丈夫そうです。

ここはやはりJotの最大の魅力といえるでしょうね。

また、滑り具合も良い感じ!引っかかりを感じることなくスルスルとペンを走らせることができるので、とても書きやすいです。

jotmini07

嫁さんにも使わせてみましたが、やはりイラストはこれの方が全然描きやすいとのことでした。やるねJot。

まとめ

というわけでJot miniのご紹介でした。やはり他のスタイラスとはひと味違いますね!細かさではわたしが今まで使ったスタイラスの中で断トツでした。

嫁さん用に買ったけど自分用にもほしいかもw iPadでイラストを描く方や、ノートアプリで細かい文字を書きたい方には絶対オススメです!

広告