diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

スベスベな触り心地にうっとり。iPhone4S用ウッドケース

先日iPhone4Sを手に入れたわけですが、ようやくケースも購入したので紹介したいと思います。悩んだ末、憧れのウッドケースにしました。もう木目がたまらんですよ木目が。スベッスベなさわり心地もクセになる。

開封の儀

購入したのはスペックコンピュータさんのウッドケース。木の種類によって色味が3種類あるのですが、私はチェリーローズを選びました。どれもそれぞれの良さがあるのですが、私的にはiPhoneの白いボデーには淡く優しい色が似合うのではないかと思いましてね。

で、届いたのがこれ↓

woodcase01

箱からしていい雰囲気じゃないですか。開けるとピタっとケースが収まっていました。

woodcase02

装着方法の取説みたいなものも入っていました。しかし英語なので華麗にスルー。

woodcase03

ケースを取り出してみました。思っていたより薄いかな?

woodcase04

ケースが割れちゃったわけではありません。このケースはこのように上下に分割して装着するのです。

woodcase06

内側はやわらか素材なので、iPhoneとケースがこすれて傷つく心配も不要。万が一落としてもショックを吸収してくれそうです。

woodcase07

装着してみた

では早速装着してみましょう。まずは上半分を装着。ケースに対して、iPhone本体を滑りこませるようにしてはめ込みます。

woodcase10

続けて下半分を装着。「カチッ」と音がするまで押し込みましょう。うまく装着できていない場合、このようにズレが生じます。

woodcase11

そんなときはケースのふちをぐいっと動かして調整します。上手くいけば下の写真のように隙間なくぴったり装着できるはず。

woodcase16

正面から見るとさりげなくウッド。

woodcase18

裏面から見ると思いっきりウッド!木目かわいいよ木目。

woodcase13

ボリュームボタンまでウッド。

woodcase20

スリープボタンも。

woodcase15

どこから見てもモクモクしてます。

使ってみた感じ

まず手に持ったとき、「全体的に一回り大きくなったな」と感じました。まぁ今までが裸かエアジャケットしか使ったことなかった、それに比べれば大きくなるのは当然ですね。

woodcase19

でも慣れればすぐに気にならなくなりました。そんなレベルです。あ、でも手が小さい人はちょっと大変かもしれません。

ボリュームやスリープボタンも木製なので、本当に問題なく操作できるのか多少不安だったのですが完全に杞憂でした。ちゃんと可動式になっているので下の写真のようにバッチリ使えます♪

woodcase14

ドックの部分もしっかり空いているので、そのまま充電ももちろんOK!ただし、純正ではないケーブルだと、ものによっては入らないこともあるようなのでご注意を。

woodcase17

もちろんカメラも快適に使えます。レンズに干渉することなく撮影できますよ。

唯一使いづらいと感じたのはマナーモードのオンオフ。

woodcase12

ここだけは結構頑張って爪を入れないといじれない感じ。まぁこういうケースの性質上仕方ないことだと割りきってます。

買ってよかった♪

というわけで総合的には非常に満足しております!いちばん気に入っているのは手に持った時の触り心地。木のスベスベ感が実に気持ちいいんですよ。ルックスもイケてると思います。アナログとデジタルの調和って感じですごくお気に入り!

デジタルも好きだけどアナログもいいよねって人にオススメです!

広告