diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

快適すぎる電子書籍ビューアー「Book+」のオススメポイント8つ

最近、自炊したい衝動がふつふつと芽生え始めています。ScanSnapにするかCanonのDR-C125にするか、そんなことを考えてニヤニヤする日々。自炊ではスキャナはもちろん、何のアプリで読むかってのも重要なポイント。そこで今日は超快適な電子書籍リーダーのBook+というアプリをご紹介。これ本当にオススメです。

Book+とは

PDFファイルの管理と閲覧に特化したいわゆる電子書籍リーダーアプリです。私は@tobu1さんのこちらの記事で知りました。

シンプルでかっこいいデザインとちょっと愛嬌のあるアイコンに一目惚れして購入。ルックスの良さもさることながら、優れたUIと快適な操作性の素晴らしいビューアーです。

以下、個人的なオススメポイントを8つご紹介!

1:サクサク動く

Book+は何をするにもとにかく動作がキビキビしていて気持ち良いんです。

まず読みたい書籍に辿りつくまでが早い!フォルダを使って階層的にファイルを管理できるので、読みたい書籍をサクっと開くことができます。

book01

また、ファイルを選択してから開くまでも早い!タップしたら即座に開く感じです。ちょっとしたことだけどこういうの大事。

book02

さらにページ送りも早い!紙がめくれるといったシャレたエフェクトはないものの、そこをシンプルにした分ページの切り替えはサクサク。

デフォルトでも充分快適なのですが、個人的には「高速ページめくり」の爆速っぷりが好き。この気持ちよさはぜひ体験してほしいです。

book03

2:フォルダでファイルが管理できる

先ほどチラッと出てきましたが、Book+では普通のPCのようにフォルダを使って階層的にファイルを管理することができます。

book04

ちなみに、表示方法を「アイコン」にするとこんな表示もできます。これも見やすい。

book05

漫画などの場合、同じタイトルでまとまっていた方がわかりやすいですし、文書などもカテゴリごとにまとまっていた方が扱いやすいですよね。

また、ファイルの移動や削除も直感的でわかりやすいです。基本的な使い勝手としてはGoodReaderに近い感じ。ドラッグでファイルを移動なんてこともできちゃいます。

book06

3:外部ストレージとの連携

個人的にこの手のアプリに欠かせないと思っているのがDropboxをはじめとする外部ストレージとの連携機能。

book07

これがあると、本当に用途が広がるんですよね。PCにつなげなくてもファイルを受け渡しできたり、必要なときだけファイル読み込むことでiPadの容量を節約したり。で、Book+ももちろん対応してます。今のところデフォルトで用意されているのはDropBoxとiDiskのみ。

しかしWebDAV形式の利用もOKなので、私は先日キャンペーンで50GBの容量をゲットしたBox.netを登録してます。50GBもの電子書籍ライブラリーはかなり便利ですよ♪

book08

外部ストレージ上のファイルは、タップするとキャッシュに保存されます。キャッシュはあとでまとめて削除することができるので、一時的に読みたいだけのときは便利です。

book09

一時的ではなく、ちゃんとアプリ内にファイルを保存したいときは、ダウンロードすることもできます。「ファイルをコピー」から保存先を選択。

book10

これだけでOK。このようにアプリ内にファイルが実体として保存されます。

book11

4:zip形式もOK

PDFファイルや画像ファイルだけでなく、zip形式のファイルをそのまま読み込むこともできます。

bookzip01

jpg形式で持っている書籍データでも、zipで固めてしまえば一冊の本として読むことができますよ。写真を固めてアルバムにするのもオススメ。下の写真はjpg形式のスクショをzipにまとめたものです。

bookzip02

5:フォルダのロック

漫画みたいな誰に見られてもいいようなファイルならオープンでいいのですが、仕事上のファイルなど、第三者に見られると困るようなものもありますよね。

そんなときはフォルダにパスワードをかけてアクセスを制限してしまいましょう。

book12

ロックをかけると鍵マークがついて、アクセスを禁止することができます。これで安心♪

6:検索機能

Book+には検索機能もついておりファイル名やフォルダ名、さらにPDFファイル内のテキストも対象にして検索を行うことができます。下の画像はファイル名で検索した場合。

book13

検索結果はこんな感じ。

book14

さらに検索条件を保存すると、Macでおなじみのスマートフォルダとして使うことができます。

book15

ちなみに、テキストで検索を行った場合は、こんな感じに該当箇所に印をつけて教えてくれます。

book20

ビジネスユースの方は重宝する機能なのではないでしょうか。

7:表示設定

ページ送りの方向、見開きにしたときの表示など、細かい設定を行うことができます。

book16

書籍によってはページをめくる方向が違うため、デフォルトの設定のままだと読んでいて不都合が生じる目の流れとページ送りの方向があべこべになる)ことがあります。

そんなときは表示設定をいじることで解決。

表示レイアウトをいじれるのも面白いです。例えば36分割にしたときはこんな感じになります。

book17

あの漫画のあのシーンがみたいって時にサクっとさがすことができますよ。

8:次のファイルを表示

あとすごく地味だけど個人的に超ありがたいと感じているのが、次のファイルをチラ見せしてくれる機能。最後まで読み終わると「次はこれじゃない?」ってな具合にチラッと次のファイルが表示されるんです。

book18

で、これをタップするとそのまま続きを読み進めることができるってわけ。

book19

多分ファイル名でソートされてるので、あらかじめその辺を揃えておく必要があると思われます。でもすごく便利!

まず一度使ってみてほしい

操作性、デザイン、機能、あらゆる面で非常にすぐれたビューアーだと思います。ユニバーサルアプリなので、一度購入すればiPhone、iPadの両方で使えるのも嬉しい。コレ系のアプリを持っていないのであれば間違いなくオススメです!もし既に他のアプリを使っているという方でもぜひ一度試してみていただければと思います。

Book+ 1.3(¥450)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: feedtailor Inc. - feedtailor Inc.(サイズ: 5 MB)
全てのバージョンの評価: (22件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応
広告