diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

MobileMeの起動コード(未使用)をお持ちの方はお早めに返金手続きを

iCloudの開始に伴い、MobileMeは2012年6月30日以降利用できなくなります。しかし、私の手元には「いつか使おう」と思って今日まで大切に保管してきた未使用のMobileMe起動コードが……。「これどうすればいいの?」と思ったので、Apple Storeで聞いてみました。結論、返金という形になるそうです。ただ、その手続きがちょっと面倒だったのでメモをかねてご紹介。

詳しくは続きをどうぞ。

必要なもの

返金をしてもらうために必要なものは3つあります。

1:MobileMeの起動コード(未使用)

今回紹介するのは未使用分の返金手続きですので、未使用の起動コードが必要となります。(※使用済みの場合の返金手続きも別途存在するようです。詳しく記事の終わりで紹介しているリンクを参照)

P8206590

2;領収書(メールでもOK)

MobileMe購入時の領収書が必要となります。私は購入時にメールで領収書を送ってもらっていたので、過去メールを探して見つけました。こういう時デジタルデータは便利ですね。紙だけだったら残ってなかったかも^^;

3:ネット環境

返金手続きは専用のWebページから行うことになります。ネットにつながっている状態で行いましょう。

返金手続きの方法

下記の返金リクエストフォームにアクセス。

MobileMeのメンバーかどうかと国を選択。私はメンバーではないので後者を選びました。

アップル - サポート - MobileMe 未使用コードの払い戻し手続き-2

必要事項を記入して送信。

アップル - サポート - MobileMe 払い戻し手続き - ありがとうございました

手続きを受け付けの通知メールが届くので、そのメールに領収書と起動コードの写真を添付して返信します。

起動コード

特に不備がなければ、数日後に返金手続きの完了を知らせるメールが届きます。私の場合は一週間後でした。

あとはお金が振り込まれるのを待つのみ。大体4週間〜6週間ほどかかるそうですので気長に待ちましょう。ちなみに私の場合、返金される金額は6,333円(税抜)とのことでした。

手続きはお早めに

このように手続きをしてから振り込まれるまでは約1ヶ月ほどの時間がかかります。いま手元に未使用のMobileMeを持っている人は、なるべく早めに返金手続きをしてしまいましょう。

こちらで行う作業自体は10分もあれば終わると思います。思い立ったが吉日ですよ。

(※)ちなみに、下記のサイトによれば現在MobileMeのメンバーの人でも、キャンセルすることで未使用分の差額を返金してもらえるようです。

広告