diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

夏休みの思い出〜南三陸町への帰省とだんごうお係長との出会い〜

夏休みですっかりブログの更新も滞ってしまいました。iPhoneアプリの勉強も日刊も全部ストップ…。こういうのは一度止めてしまうと再開に結構なパワーを必要とするんですよね。なので、休み明け一発目はリハビリということで夏休みの思い出を写真とともに振り返りつつ、関連アプリをひとつ紹介したいと思います。

南三陸町へ

嫁さんの実家である南三陸町に帰省。5月の連休に行ったときは道路以外はどこも瓦礫だらけの状態でしたが、それに比べるとだいぶすっきりした印象を受けました。

南三陸町

プレハブのコンビニが建てられていたり鮮魚店が再開したりと、復興に向けて着実に動き出しているのを感じました。

山内鮮魚店再開

隣町の登米で川遊びをしたり、森の中のおしゃれなカフェで一息ついたり。

森のカフェ

夜は花火大会。鎮魂、追悼、復興への意気込みなど、様々な想いが込められた素晴らしい花火でした。

花火

鳴子〜帰宅

家族で鳴子の温泉へ。南三陸町で暮らす義父や義祖母にとっては久しぶりののんびりとした時間。

鳴子

鳴子の日本こけし館と岩出山の感覚ミュージアムで遊ぶ。どちらも楽しいです!オススメ。

こけし

中鉢美術館で日本刀を鑑賞。名刀正宗、妖刀村正を目の前にしてテンションがあがる。

正宗

以上、夏休みの思い出でした。

おまけ

南三陸町のベイサイドアリーナを訪れた時、とあるフリーペーパーを見つけました。

おぢゃとも

この「月刊おぢゃとも」は南三陸町出身者が有志で作られたそうです。イメージキャラクターはダンゴウオというお魚をモチーフにした「だんごうお係長」。Twitterもやってます。

かわいいなぁ係長。で、このだんごうお係長のツイートで知ったのがこちらのアプリ。

東北潜水百景 特別編 南三陸/志津川 Tohoku Underwater Scenery - …
App
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
価格: ¥250

ダイバーの方が撮影した震災前の南三陸の海の美しい写真を見ることができます。アイコンになっているのがダンゴウオ。アプリの売上は全額南三陸町への義援金になるそうなので、よかったらポチってみてください。この美しい海をもう一度。

広告