diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

Macの動画プレイヤーは「MPlayerX」で決まり!

WinからMacに移行してはじめにつまづいたのは動画プレイヤーを何にしようか、ということでした。WinのときはGOM PLAYERというのを使ってたのですが、長らくこれに変わるパートナーに出会うことはできませんでした。しかし、ようやく素晴らしいプレイヤーを見つけました。MPlayerXというアプリです。

再生できるファイル形式が豊富

MPlayerXは無料で使える多機能なメディアプレイヤーです。私はこちらの記事で知りました。

MPlayerXは多機能ななんといっても嬉しいのが再生できるファイル形式が豊富なこと。基本的に世に出回っている動画ファイル形式であればほとんどのファイルが再生できるようです。私も手元にあった動画形式をすべて(flv、wmv、ogg、avi、mp4、f4v)試してみましたが、問題なく再生できました。

見た目がイケテル

MPlayerXに出会うまではVLCメディアプレイヤーというアプリケーションを使っていました。

VLCメディアプレイヤー

こちらも再生できるファイル形式が豊富で、日常的に使う分にはまったく問題なかったのですが、ただ一点デザインだけが気に入らなかったんです。動画プレイヤーなのに三角コーンっていうあのアイコンもイケてない……。

それに引き換えMPlayerXはシンプルなデザインで良い感じ。画面の縁もやっぱりグレーより黒の方がしまって見えて良いですね!

MPlayerX

操作も直感的でわかりやすくUIとしても優れていると思います。多機能なQuickTime Playerってイメージしてもらえばわかりやすいですかね。

連続再生が便利

このプレイヤーにはファイル名を判別して自動的に連続再生してくれる機能が備わっています。

例えば

「魔法少女まどかマギカ01」
「魔法少女まどかマギカ02」
「魔法少女まどかマギカ03」

とこんな感じに同じフォルダ内にファイルが並んでいたとします。この状態で「魔法少女まどかマギカ01」を再生すると、終了後に自動的に「魔法少女まどかマギカ02」が再生されるのです。

この機能は環境設定で「次のファイルを探して、自動的に再生」にチェックで利用可能。デフォルトでチェックが入っています。

次のファイルを自動再生

これはじめは「ふーん、そうなんだ」くらいにしか思ってなかったのですが、実際に体験してみると意外な心地良さがありました。シリーズものを一気に見るときや、分割したファイルを再生するときなんかに超便利です!

その他細かいけど便利なところ

環境設定で「前回止めた所から再生」にチェックを入れていると、一度再生を中止しても、次に開いた時にまた途中から再生してくれるんです。これ地味に便利!

前回止めたところから再生

あとは音量の調整がかなり細かくできるところも嬉しかった。私がやり方を知らないだけかもしれませんが、VLCプレイヤーでは最小で12%(0を除く)までしかボリュームを下げられなかったのですが、MPlyaerXは2.4%まで下げることができます。もちろん、その中間も細かい調整が可能。

動画を見るのって大抵子どもが夜寝静まってからなので、音には気を使うんですよね…。MPlayerXはちょうどいい感じに調整できるので助かってます^^;

ダウンロードはMac AppSroreから

個人的には使わない理由が見つからないくらい素敵なアプリ。ここまで優秀なのに無料ってとこがまたなんとも嬉しいですよね。しかもMac AppStoreで公開されているから、アップデートも一元管理できますよ。よかったら是非試してみてください。

MPlayerX
App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料
広告