diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

TwitterやFacebookと連携して自分専用のチャンネルを楽しめるスタイリッシュな動画ビューアー、Deja

ものすごくワクワクする&楽しいアプリに出会いました。Dejaという動画ビューアーです。ソーシャル的な側面を持っているのが特徴で、イメージはFlipboardの動画版といった感じ。スタイリッシュなUIで操作性も抜群。動画を「楽しむ」という点においては最高のアプリだと思います。

(※2016/10/27 現在は配信されていないようです)

Dejaとは

ネット上に公開されている動画(いまのところYouTubeだけ?)を視聴するためのアプリ。FacebookやTwitter、Googleリーダーなどのアカウントを登録して、フォローしている人や友達が共有した動画、購読しているブログで公開している動画などを、まとめて楽しめるのが特徴です。

各種アカウントを設定することで、自分専用のチャンネルを作ることができる、そんな夢のようなアプリなのです。

まずはアカウントの設定、登録から

起動直後はこのようにまっさらな状態になっています。まずは各種サービスとの連携を行いましょう。

まっさら

画面右下の「+」ボタンをタップすると追加できるコンテンツが表示されます。追加できるのはFacebook、Twitter、Googleリーダー、YouTube、RSS feedです。

コンテンツ追加

下の写真はYouTubeの登録画面。このように各サービスの登録をしていきましょう。

Youtubeの登録

ちなみに、YouTubeの場合は自分のIDとパスワードを登録するわけではなく、追加したい人のアカウント名(「http://www.youtube.com/user/◯◯」の◯◯の部分)を入力することになります。

登録が完了すると、画面右下のサイドメニューにサービスが追加されていきます。それに伴い、先ほどまでまっさらだった画面に、追加したアカウントから読み込まれた動画が表示されます。

登録完了

シームレスな視聴体験

では、さっそく動画を見てみましょう。画面上にズラズラっと表示されているサムネイルの中から、見たい動画をタップします。

見たい動画を選択

すると、自動的に再生がはじまります(サイズが小さいサムネイルの場合は、一回目のタップでは拡大となり、二回目のタップで再生)。再生中は周囲のサムネイルが暗くなり、視聴に集中できます。こういう細かい配慮が嬉しいですね。

再生スタート

再生中に動画をタップすると詳細情報が表示されます。細かくは後ほど説明しますが、一時停止やAirPlay、共有や全画面表示などの各種操作が可能です。ここでは全画面表示にしてみることにします。右下の拡大ボタンをタップ。

詳細情報表示

するとニュルっと動画が拡大され、全画面で表示されます↓

全画面表示

さらにもう一度タップすると詳細情報を表示。拡大前の状態に比べて情報量が多いですね。では、続けて共有機能を使ってみたいと思います。右下の共有ボタンをタップ。

全画面表示詳細

投稿用の画面が出てきます。対応しているのはTwitterとFacebook、Emailのみっつ。コメントを入力して共有のON/OFFを選択、あとはShareボタンをタップするだけでOK。簡単です。

共有

投稿したツイートはこのように表示されます(画面写真の動画とは別の動画で共有したやつですが参考までに)。

関連動画を楽しもう!

Dejaの好きなところは関連動画をどんどん辿って芋づる式にバラエティ豊かな動画を楽しめるところです。YouTubeで動画を見終わると、関連動画が表示されますが、基本的にはあれと同じ。違うのはDejaならそれがメッチャ快適で楽しいってこと!では、早速やり方をご紹介。

まずは拡大前の画面で詳細メニューを表示しましょう。そして、左下の「related」というボタンをタップします。ちなみに、今回は映画「ソーシャル・ネットワーク」の紹介動画の関連情報を見ていきます。

関連動画

****すると、画面が切り替わり、右上に視聴中の動画の関連動画を表示中であることを意味するサイドバーが表示されます。視聴中の動画を軸にして、関連動画を集めた階層にドリルダウンしたようなイメージですね。

Related

その証拠に視聴中の動画の周囲のサムネイルが「related」をタップする前と変わっていいます。このままでは、周囲が暗くてわかりづらいので、視聴を止めて明るい状態で見てみましょう↓

関連動画

「Facebook」や「ソーシャル・ネットワーク」、「映画」というキーワードに関連する動画が表示されていますね。

このまま別の「ソーシャル・ネットワーク」の動画を見るのもよし、「お、こんな映画もあるんだ?」と別の映画の動画を見るもよし。このように関連動画を辿って色々な動画との出会いが楽しめるというわけです。

検索も優秀!

アカウントを登録して自分好みの動画を楽しむのもいいですが、時には「あのアーティストの動画が見たい!」ってこともあると思います。そんな時は検索を使いましょう。右上のテキストボックスにキーワードを入力して検索。それだけでキーワードに関連する動画がわんさか出てきます。

検索で使う

iPad2がAKBだらけに。これならTwitterなどのアカウントを持ってない人でも楽しめますね。

よく落ちる…

調子が悪いときはちょっと起動しただけで強制終了することもしばしば。逆に調子がいいときはスイスイ動いてくれるのですが、この不安定さはちょっといただけません。物凄く素晴らしいアプリなだけに残念。。。アップデートによる早期改善を期待したいですね。

まとめ

動作が不安定という欠点はあるものの、やはり動画ビューアーとしては最高のアプリだと思います。写真だけだとこのUIの秀逸さが伝わらないのが残念なのですが、こうして大量の動画を操る感覚は、いうならば手元に未来がやってきたような感じです。こんなのが出てきたら、ますますテレビなんて見なくなっちゃいそう。

広告