diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

自動的に最適な時間帯にツイートしてくれるサービス、Timely

Timelyロゴ

ツイートって大きく分けて完全な独り言と誰かに情報を伝えることを目的としたメッセージの二種類に分かれますよね。今日紹介するTimelyは後者の場合のツイートを、より効果的に行うための支援ツールです。

Timelyとは

簡単にいえば、ツイートの予約投稿サービスです。ただし、一般的な予約投稿サービスと違って投稿日時を指定する必要がありません。ここがこのサービスの一番の特徴。

Timelyではまず最初に、自分の直近の199ツイートの分析が行われます。詳細はわかりませんが、おそらくリツイートの数やお気に入りの登録数、フォロワーのツイート状況なんかを分析しているのではないかと思います(完全に憶測なので間違っていたらすみません)。

そして、分析の結果フォロワーさんにもっとも届きやすい時間帯を自動的に算出されます。その時間に投稿されるので、普通に投稿するよりもより多くの人に見てもらえる可能性が高くなるというわけですね。イベントの告知やブログ更新の通知などに向いているんじゃないかと思います。

使い方

Timelyにアクセスします

Top

トップページ中央の「Twitter account」に自分のIDを入力して「GO」をクリックすると、自分のフォロワーさんにツイートが届きやすい時間帯を自動で分析できます。この機能はTimelyに登録しなくても利用可能。

分析結果

自動投稿機能を利用するにはサインアップが必要です。Topページで「SignUp」ボタンをクリックし、SignUp画面に進みましょう。必要なのはメールアドレスとパスワードだけ。

Sign up

続けてTwitterアカウントとの紐付けを行います。「Connect to Twitter」をクリックし、Twitter側でTimelyの認証を許可しましょう。

Connect to Twitter

認証が終わるとTimelyの管理画面が表示されます

管理画面

右上のテキストボックスにツイートしたい内容を入力して「Add to Queue」クリックします。なお、「Add to Queue」の下にもボタンがありますが、こちらをクリックした場合は30分以内に投稿が行われます。

投稿

予約状態になったツイートが「Queue」というタブに表示されます。あとはTimelyが判断した最適な時間帯に自動的にツイートが実行されるのを待つだけです。

Queue

以上です。複雑な操作が一切必要ないので、英語表記でも問題なく使えると思います。本当に簡単ですよ。

効果の測定もできる

投稿されたツイートが、実際どれくらいクリックされたのか、リツイートされたのか、なども確認することができます。検証もバッチリ。

Performance

おわりに

分析の結果、私の場合ではオススメの投稿時間帯として朝、昼休み、夕方、深夜が提示されました。私は仕事中にTwitterをしていないので、必然的にツイートしている時間帯=フォロワーからの反応が得られる時間帯、という結果になったのではないかと思ってます。

なので24時間の中で本当にこの時間帯がもっとも効果的なのか、といったらそうではないような気もします。本当に効果的な時間帯が知りたければ24時間Twitterに出現し続ける必要があるのかもしれません。しかし、それでもツイートに対して反応はもらえたので、通常の投稿よりは効果があったことは事実。

ブログの更新通知もいっそのことこれで管理しようかとも検討中。。。

参考リンク

広告