diwao日記

Web、ガジェット、仙台のお話

One to OneセミナーでiMovieを学んできた

iMovie

先日、4回目となるOne to Oneセミナーに行ってきました。今回はiMovieの基本についての学習です。まずはiMovieとは何ぞやというということで、何ができて、どうやって使うのか、という超基本的なところを教えてもらいました。

iMovieでやれること

iMovieは簡単にいうと動画ファイルを切り貼りして編集したり、音楽を入れたりアフレコしたり、テキストをのっけたりして、良い感じのムービーを気軽に作ることができるソフトです。

基本操作

まずは画面の見方から。

iMovieの画面の見方

ムービー制作の基本的な操作方法は下記の手順になります。

  1. 右下の素材ウインドウから利用したいファイル(動画でも写真でも可)を選んで、左上のプロジェクトウィンドウにドラッグアンドドロップ。
  2. プロジェクトウィンドウでトランジション(動画のつなぎ目に入れる効果)を選択したり、素材の順番を入れ替えたりしてつくり込む
  3. 必要に応じて音楽を入れたり文字を入れたりしていく
  4. 右上のプレビューウインドウで確認
  5. 完成した動画を出力。Youtubeにアップしたり、iDVDを使ってDVDにしたり

その他学んだこと

  • 選択するときはドラッグ、黄色い枠ができるのでそれで調整
  • 黄色の枠内だけを再生するにはスラッシュキーをクリック
  • iPhoto以外の画像もドラッグアンドドロップで入れられる

感想

ひととおり話を聞いた感じだと、簡単操作でもある程度「良い感じ」のムービーが作れるけど、詳細な設定を行うことで細かく作り込むこともできるという、初心者も凝りたい人も満足できるソフトという印象ですね。子供のビデオとか撮ってるだけで溜まってるので、iMovieを使って作品として残していきたいと思います。

広告